EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
ポスト京都議定書 
次の記事へ
 件数:16件
 索引:「ポ」
 1-10件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.02.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国では、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減される「循環型社会」を目指し、循環型社会形成推進基本法に基づき、循環型社会形成推進基本計画(以下、循環基本計画)を策定し、関連施策を総合的かつ計画的に推進してきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2007.05.10 更新日 | 2009.10.14
ポスト京都議定書
ポストキョウトギテイショ   【英】Post Kyoto Protocol   [同義] ポスト2012 
 解説 |
 京都議定書で定められている第一約束期間(First Commitment Period)以降の枠組みにかかる諸問題を指す。現在の京都議定書は、1990年を基準年として2008年?2012年までを第一約束期間と設定して、国連気候変動枠組条約の加盟各国の温暖化ガス削減目標等の地球温暖化防止対策の国際枠組みを定めている。2013年以降、どのような枠組みでこれを進めていくかについては、京都議定書第3条9項により、第1約束期間が終了する少なくとも7年前(2005年)に検討を開始することとされ、締約国会合を中心として政策立案者、研究者等の間で検討が始まっているが、その議論は難航しており2007年現在、枠組みの方向は定まっていない。
 全体的な論点としては、先進国の第二約束期間の目標や行動基準、途上国の更なるコミットメント、議定書から離脱している先進国との関係などがある。これらの点をめぐり、現在、附属書I国締約国による「アドホック・ワーキング・グループ」、議定書締約国による「議定書のレビュー」及び気候変動国連枠組み条約締約国による「気候変動に対応するための長期的協力に関する対話」の三つの検討の場が設けられ交渉が続けられている。
 この解説に含まれる環境用語 |
  附属書I国
  途上国
  地球温暖化
  第二約束期間
  第一約束期間
  京都議定書
  気候変動枠組条約
  気候変動
  基準年
  温暖化ガス
  コミットメント
 この環境用語のカテゴリー |
  地球環境地球温暖化

 関連Webサイト |
  気候変動枠組条約・京都議定書(環境省)
http://www.env.go.jp/earth/ondanka/cop.html
  京都議定書の骨子(外務省)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kankyo/kiko/cop3/k_koshi.html
  環境儀No.20「Summary ポスト京都議定書をめぐる国際合意のための研究成果から」(国立環境研究所)
http://www.nies.go.jp/kanko/kankyogi/20/10-11.html
ページトップへ