EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
自然再生事業  
次の記事へ
 件数:440件
 索引:「シ」
 64-73件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.10.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国は、有害廃棄物等の越境移動について、平成4年のバーゼル条約発効を受け、同年に国内担保法である特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(バーゼル法)を制定し、不適正な輸出入を防止するための手続を整備するなど、その管理の基本的枠組みを整備しました。法制定から約25年が経過し、循環資源の国際的な取引が増大してきたことにより、様々な課題等が顕在化してきたことから、バーゼル法を改正し、課題に対して制度的な措置を講じます。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

作成日 | 2003.09.10 更新日 | 2009.10.14
自然再生事業
シゼンサイセイジギョウ   【英】Nature Restoration Projects  
 解説 |
広義には、過去に損なわれた自然を積極的に取り戻すことを通じて、生態系の健全性を回復する事業の総称として使われるが、「二一世紀『環の国』づくり会議」報告(2001)において自然再生型の公共事業を推進することが必要との提言があったことを受けて公共事業のメニューの一つとして実施されるようになった「自然再生事業」、および、その後に制定した自然再生推進法(2002)に基いて多様な主体の協議と合意のもとで実施される「自然再生事業」のことを、狭義には指すことが多い。事業例として、直線化した河川の蛇行化による湿原の回復、都市臨海部の干潟藻場の復元、自然林の回復などがあげられる。
単に景観を改善したり、特定の植物群落を植栽するというのではなく、その地域の生態系の健全性と生物多様性を回復してくことが目的とされる。公共事業の一環として行われる自然再生事業では、環境省を中心とする関係省庁、地方公共団体、地域住民等の連携が必要とされるとともに、科学的なデータを基礎とするきめ細かな施工が求められる。 なお、自然再生事業は、長い年月を要する自然再生の始まりに過ぎない。その意味において、自然再生事業には、従来型の「竣工=事業の完了」という概念は当てはまらない。
 この解説に含まれる環境用語 |
  藻場
  生物多様性
  生態系
  植物群落
  自然林
  自然再生推進法
  自然再生
  景観
  干潟
  河川
 この環境用語のカテゴリー |
  自然環境自然環境全般

 関連Webサイト |
  国土交通省の自然再生事業
http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/shizen_saisei/shizen_saisei.html
  環境省生物多様性センター
http://www.biodic.go.jp/saisei/saisei.html
  環境省パンフレット「自然再生事業 忘れてきた未来」
http://www.env.go.jp/nature/saisei/pamph/pamphlet.html
  自然再生事業指針[日本生態学会生態系管理専門委員会]
http://neco.biology.kyushu-u.ac.jp/~yahara/Guidelines/GuidelinesIndex.html
ページトップへ