一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 第二約束期間

作成日 | 2003.11.11  更新日 | 2009.10.14

第二約束期間

ダイニヤクソクキカン   【英】Second Commitment Period  [同義]第二コミットメント期 

解説

京都議定書における数値目標は2008年-2012年の「第一約束期間」に設定されており、これに引き続く2013年-2018年を「第二約束期間」と呼ぶ。

この数値目標交渉が2005年から2007年までの間に行われることになっている。

なお、第一約束期間では、温室効果ガスの削減への取り組みの第一段階として、締約国の温室効果ガス総排出量を1990年から少なくとも5.2%を削減しなければならないと規定されている。

日本には、第一約束期間の5年間における温室効果ガスの平均排出量を、基準年(CO2、CH4、N2Oついては1990年、HFC、PFC、SF6については1995年)の排出量から6%削減するという目標が割り当てられている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト