EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
カルタヘナ議定書 
次の記事へ
 件数:326件
 索引:「カ」
 139-148件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2016.08.18

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 国内では、白神山地と屋久島が1993年に、知床が2005年に、小笠原諸島が2011年に、世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約に基づく世界自然遺産に登録されました。世界自然遺産として評価された自然を有する自治体は、評価された自然の価値が異なるものの、その価値を損なうことなく、将来に向かって保全する共通の使命を帯びています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.10 更新日 | 2015.09.28
カルタヘナ議定書
カルタヘナギテイショ   【英】Cartagena Protocol on Biosafety   [同義] バイオセーフティ議定書  バイオセーフティに関するカルタヘナ議定書 
 解説 |
 遺伝子組換え生物等(LMO: Living Modified Organism)の国境を越える移動に関する手続き等を定めた国際的な枠組み。1995年に開催された生物多様性条約第2回締約国会議で議定書の検討を行うことが合意され、1999年コロンビアのカルタヘナで開催された特別締約国会議で議定書の内容が討議されたのち、翌2000年に再開された会議で採択された。正式名称は「バイオセーフティに関するカルタヘナ議定書」といい、名称は会議開催地にちなむ。2003年9月に発効し、2015年7月現在、170の国及び地域が批准・締結している。
 議定書は、LMOの輸出入(人間用の医薬品を除く)に当たり、(1)栽培用種子など環境中に意図的に放出されるものについては、事前に輸入国に通報し、輸入国の合意が必要、(2)食用・飼料用・加工用の穀物等については、そのLMOの国内利用について最終的な決定を行った締約国はバイオセーフティに関する情報交換センター(BCH)を通じてその決定を他の締約国に通報し、輸入国は自国の国内規制の枠組みに従い輸入について決定することができること、などを主な内容とする。日本は同議定書を国内で実施するため、2003年6月に「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」(カルタヘナ法)を制定した。なお、LMOによる生態系等への被害を与えた場合の補償など(責任と救済)を定めた「名古屋・クアラルンプール補足議定書」が、2010年に名古屋で開催されたカルタヘナ議定書第5回締約国会議(MOP5)で採択された。(2015年8月改訂)
 この解説に含まれる環境用語 |
  生物多様性条約
  遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律
  遺伝子組換え生物
  バイオセーフティ
  カルタヘナ法
  GMO
 この環境用語のカテゴリー |
  自然環境野生生物
  地球環境生物多様性

 関連Webサイト |
  バイオセーフティ(生物多様性センター)
http://www.biodic.go.jp/cbd/biosafety/index.html
  生物の多様性に関する条約のバイオセーフティに関するカルタヘナ議定書(外務省)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kankyo/jyoyaku/cartagena.html
  生命倫理・安全に対する取組(文部科学省)
http://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/seimei/index.htm
  環境省・生物多様性センター
http://www.bch.biodic.go.jp/
ページトップへ