一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 グロスネットアプローチ

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.14

グロスネットアプローチ

グロスネットアプローチ   【英】Gross-Net Approach  

解説

温室効果ガスの排出量算定方式に吸収源から得られる吸収量を算入できる方式で、京都議定書ではこの方式が採用された。京都議定書では、「1990年以降」の「直接的かつ人為的」な「植林・再植林・森林減少」といった活動から得られる吸収・排出量に限って算入できることになり(第3条3項)、算入方法として、吸収量を基準年の排出量(1990年)のみをカウントし、目標年には排出量から森林などによる二酸化炭素の吸収分を差し引いて計算する。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト