一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 コージェネレーション

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.14

コージェネレーション

コージェネレーション   【英】Cogeneration  [同義]熱電併給  熱併給発電 

解説

発電と同時に発生した排熱も利用して、冷暖房や給湯等の熱需要に利用するエネルギー供給システムで、総合熱効率の向上を図るもの。

火力発電など、従来の発電システムにおけるエネルギー利用効率は40%程度で、残りは排熱として失われていたが、コージェネレーションシステムでは理論上、最大80%の高効率利用が可能となる。

北欧などを中心に、地域熱供給などで広く利用されている。日本では、これまで主に、紙パルプ、石油化学産業などの産業施設において導入されていたが、近年はオフィスビルや病院、ホテル、スポーツ施設などでも導入されつつある。二酸化炭素の排出削減策としても注目されている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト