一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 ノヤギ

作成日 | 2003.09.10  更新日 | 2009.10.14

ノヤギ

ノヤギ   【英】Feral goat  

解説

ウシ科の家畜ヤギが野生化したもの。粗放な飼育や意図的な放逐が原因。ヤギは乾燥に強く、ほとんどの草木を食べる。幅広い食性を持ち、繁殖力が強いことから、世界各地でノヤギが見られる。

通常は数頭から10頭程度の群れをつくって行動するが、大群をつくることもある。ノヤギが多い地域では、食害や踏みつけなどで植生が壊されるなど、自然環境に大きな影響を与えている。

現在、日本でノヤギが分布している地域は、大きく分けて本土とその周辺、南西諸島小笠原諸島の3地域。なかでも小笠原諸島では数が多く、植生の破壊や、それに伴う土壌の流出など生態系への影響が問題となっている。このため、聟島列島では、植生回復のため、東京都が1997年度からノヤギの排除を始め、2001年度までに媒島と嫁島の2島から完全に排除した。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト