一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 ファクター10

作成日 | 2009.10.14  更新日 | 2015.01.23

ファクター10

ファクターテン   【英】factor ten  

解説

資源生産性(資源の投入量当たりの財・サービスの生産量)を10倍にすること、言い換えれば、同一の財やサービスを得るために必要な資源やエネルギーを10分の1とすることである。環境効率の指標のひとつ。

1991年にヴッパタール研究所(当時)のシュミット=ブレークが提起した概念であり、世界の物質・資源の流れを50%減らすためには、先進国では平均して10分の1に脱物質化を進める必要があるという計算に基づく。資源効率性を表すファクターX(エックス)のうち、エイモリー・B・ロビンスらが提唱したファクター4と並び有名。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト