一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 メタン

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.14

メタン

メタン   【英】Methane  [略]CH4  

解説

融点-184℃、沸点-164℃の無色の可燃性気体。化学式は、CH4。天然ガスの主成分であり、また、有機物が嫌気状態で腐敗、発酵するときに生じる。

有機性の廃棄物最終処分場や、沼沢の底、家畜の糞尿、下水汚泥の嫌気性分解過程などから発生する。

温室効果ガスのうち、原因の約6割を占める二酸化炭素に次いで、約2割の影響を及ぼす。また単位量あたりの温室効果二酸化炭素の約20倍と大きく、回収し、エネルギー源として利用するための研究が続けられている。

中国や東南アジアなど温暖な地域では、古くから家畜糞尿などを原料にした嫌気発酵によって生成するメタン(いわゆるバイオガス)を煮炊きなどに使ってきた。近年は、日本においても有機性廃棄物の処理および温暖化防止の観点から、メタン発酵を利用した処理プラントの導入事例が多数みられるようになってきている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト