EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
ワークショップ  
次の記事へ
 件数:15件
 索引:「ワ」
 1-10件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.14
ワークショップ
ワークショップ   【英】Workshop  
 解説 |
原義は、「作業場」や「工房」であるが、教育や学習の場面で用いられる場合には、一連の流れをもった学びの様式、もしくは場として理解される。
参加体験型グループ学習と意訳されることもあり、一方通行的な知識伝達型の学びに対置する。体験学習法を取り入れ、主体的に参加する学習者が、経験や知識を共有しながら互いに学び合うことを特徴とする。学習は、必ずしも目的ではなく、何かを創造していく結果として学びを得るものと位置づけられることもある。
ワークショップには、場づくりやプログラムの構成(つかみ、本体、まとめ)が必要とされ、教師や指導者に代わって、プログラムを進行するファシリテーター(学びを促進し、容易にする役)が、ワークショップを成立させる上で重要な役を担う。
環境教育では、知識・理解だけに留まらず、主体的な関与・参画が重視される。環境教育に適した学びの手法として、各地で盛んに取り組まれている。
 この解説に含まれる環境用語 |
  ファシリテーター
 この環境用語のカテゴリー |
  環境一般環境教育

 関連Webサイト |
  全国教育系ワークショップフォーラム
http://www.skunkworks.jp/akagi/
ページトップへ