一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 栄養塩

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.14

栄養塩

エイヨウエン   【英】Trofic Salts  

解説

炭素、水素、酸素以外の、無機塩類として存在する植物の生命を維持する栄養分として必要な、窒素、カリ、珪素などの主要元素とマンガン等の微量元素のこと。

水中では、これらのうち、カリや珪素は、もともと豊富にあるので、窒素が何らかの理由で増加した場合に藻類などのプランクトンが大量発生し、各種の環境(水質)問題を引き起こすことになる。

特に、湖沼ダム湖あるいは内湾などの水の出入りや交換が少ない閉鎖性水域では、窒素リンなどの栄養塩類が流入すると富栄養の状態となり、藻類が大量発生し、赤潮青潮アオコ、淡水赤潮などとよばれる現象がおこりやすい。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト