一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 塩素処理

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.14

塩素処理

エンソショリ   【英】Chlorination  

解説

塩素処理は、浄水場等で行われる水処理の一つで、塩素により酸化・殺菌・脱色を行う方法。

昔の浄水処理は自然の浄化作用を原理とした緩速濾過方式が主流だったが、近年取水する水が悪化し、水の需要も急増してきたため、塩素等の薬品で水を処理し短時間に大量の水を供給できる急速濾過方式となった。この方式では、アンモニア、鉄、マンガンの除去のため取水した原水をろ過前にまず液体塩素を注入して処理し(前塩素処理)、そしてコレラ、チフス、赤痢等の伝染病を防ぐ目的で最後に再び塩素で消毒をする(後塩素処理)。この他下水処理水は殺菌・消毒して放流する。またプールや公衆浴場の消毒・殺菌に適用される。

塩素処理は安価で確実で殺菌力も強く消毒効果は良好だが、トリハロメタン等の有害な副生成物やカルキ臭残留塩素の存在が指摘されている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト