一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 巨樹・巨木林調査

作成日 | 2003.09.10  更新日 | 2009.10.14

巨樹・巨木林調査

キョジュキョボクリンチョウサ   【英】Big Trees Survey  

解説

悠久の時によって育まれ、良好な景観の形成や野生動物の生息環境、地域のシンボル等として人々の心のよりどころでもある巨樹・巨木林の全国分布を把握するために、「自然環境保全基礎調査」(環境省)の一環として第4回基礎調査(1988)で初めて実施され、幹周3m以上の巨樹55,798本が報告された。第6回基礎調査(2000-2002)では巨樹・巨木林フォローアップ調査が行われ、10,367本の巨樹が新たに報告された。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト