EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
国連人間環境会議 
次の記事へ
 件数:285件
 索引:「コ」
 184-193件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.07.27

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 環境基本計画は、環境基本法に基づき、政府全体の環境政策の方向性を定めるものです。環境基本計画は約6年ごとに見直しを行っており、この度、第五次計画を平成30年4月17日に閣議決定しました。本計画は、地球規模の環境の危機を反映した国際的合意である「持続可能な開発目標(SDGs)」と「パリ協定」採択後に初めて策定された環境基本計画であり、環境に関する課題のみでなく、経済・社会的課題も「同時解決」していくことを目指すものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.15
国連人間環境会議
コクレンニンゲンカンキョウカイギ   【英】United Nations Conference on the Human Environment / Stockholm Conference   [同義] ストックホルム会議 
 解説 |
1972年6月に世界113ヶ国の代表が参加して、ストックホルム(スウェーデン)で開催された環境問題についての最初の世界的なハイレベル政府間会合。
会議テーマの“かけがえのない地球(Only One Earth)”は、環境問題が地球規模、人類共通の課題になってきたことをあらわすものとして有名。また、26項目の原則からなる「人間環境宣言」および109の勧告からなる「環境国際行動計画」は、同年に発表されたローマクラブによるレポート「成長の限界」とともに、その後の世界の環境保全に大きな影響を与え、ユネスコ総会での「世界の文化遺産および自然遺産の保護に関する条約」(世界遺産条約)採択(1972年11月)や「国連環境計画(UNEP)」設立(1972年12月)の契機にもなった。一方で、開発が環境汚染や自然破壊を引き起こすことを強調する先進国と、未開発・貧困などが最も重要な人間環境の問題であると主張する開発途上国とが鋭く対立(南北問題)した。
 この解説に含まれる環境用語 |
  成長の限界
  世界遺産条約
  世界の文化遺産および自然遺産の保護に関する条約
  人間環境宣言
  国連環境計画
  開発途上国
  ローマクラブ
 この環境用語のカテゴリー |
  地球環境地球環境全般

 関連Webサイト |
  環境白書
http://www.env.go.jp/policy/hakusyo/honbun.php3?kid=148&bflg=1&serial=1145
ページトップへ