EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
残留塩素    
次の記事へ
 件数:16件
 索引:「ザ」
 7-16件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり
  1. COOL CHOICEポスターギャラリー 詳しく見る

  2. 省エネルギー設備導入事例データベース 詳しく見る

【PR】

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2019.01.07

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 明治維新から150年目を迎えた2018年。平成最後の年末を終えて、この30年間をふりかえる機会にもなったのではないでしょうか。当時、国内では身近な生活排水やごみ問題など都市生活型の公害が深刻化し始めていましたが、国際的にも酸性雨やオゾン層破壊などを中心とした地球環境問題が注目され始めていました。転機になったのは、1992年(平成4年)にブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開催された地球サミット。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2014.03.10
残留塩素
ザンリュウエンソ   【英】Residual Chloride  
 解説 |
 殺菌・消毒のために塩素処理した後、なお水道水中に残っている酸化力を有する塩素(有効塩素)のことで、遊離残留塩素(次亜塩素酸や次亜塩素酸イオン)と結合残留塩素(アンモニアや有機性窒素化合物等と結合した塩素)があり、塩素イオンとは化学的に性質が異なる。
 日本では水道法により、水道水の消毒を行い給水栓で残留塩素0.1mg/L(結合残留塩素では0.4mg/ L)以上(0.1?0.6mg/L 程度が適当)、病原生物による汚染のおそれがある場合は0.2mg/ L(結合残留塩素1.5mg/ L)以上保持するように塩素消毒をすることが義務づけられている。快適水質項目の目標値は「1mg/ L以下」。
 残留塩素は塩素臭があるほか、水道水源の汚濁化に伴う塩素処理によって、カルキ臭トリハロメタンなどの発ガン性物質を生成することも指摘されている。
 この解説に含まれる環境用語 |
  窒素
  水道法
  水道水源
  塩素処理
  トリハロメタン
  カルキ臭
  アンモニア
 この環境用語のカテゴリー |
  公害問題水質汚濁

 関連Webサイト |
ページトップへ