EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
資金メカニズム  
次の記事へ
 件数:442件
 索引:「シ」
 23-32件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.07.27

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 環境基本計画は、環境基本法に基づき、政府全体の環境政策の方向性を定めるものです。環境基本計画は約6年ごとに見直しを行っており、この度、第五次計画を平成30年4月17日に閣議決定しました。本計画は、地球規模の環境の危機を反映した国際的合意である「持続可能な開発目標(SDGs)」と「パリ協定」採択後に初めて策定された環境基本計画であり、環境に関する課題のみでなく、経済・社会的課題も「同時解決」していくことを目指すものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.15
資金メカニズム
シキンメカニズム   【英】financial mechanism  
 解説 |
途上国に対して、資金の供与や技術の移転を行うための仕組み。
途上国は、気候変動枠組み条約の交渉過程の時から、「共通だが差異のある責任原則」に基づき、ODAやGEF(地球環境ファシリティ)とは別の「新規かつ追加的な」資金援助の枠組みを求めている。COP3以降においては特にクリーン開発メカニズムがその役割を担うことを途上国は期待しているが、先進国側ではGEFなどの既存の枠組みで十分であるとの意見が強い。
COP8では、資金メカニズムの実施機関であるGEFからの活動報告が行われた他、COP7で設立された特別気候変動基金及びLDC(後発途上国)基金の運営指針、資金メカニズムのレビュー、GEFに対する追加的指針につき、検討がなされた。途上国側は基金の早期運用等を求めたが、拙速・曖昧な指針提出に反対した先進国側の主張にほぼ沿った形で決着した。
資金メカニズムをめぐるもうひとつの交渉の争点となっていたのは「特別気候変動基金(SCCF)」。先進国はSCCFの運用に関するGEFへのガイダンスを決定することをCOP9に先送りにし、途上国はこれに譲歩した。2003年にイタリアのミラノで開催されたCOP9において、SCCF運営の手引きがまとまった。
 この解説に含まれる環境用語 |
  特別気候変動基金
  途上国
  気候変動
  クリーン開発メカニズム
  ODA
 この環境用語のカテゴリー |
  地球環境地球温暖化

 関連Webサイト |
  COP11&COP/MOP1報告[IISD]
http://www.iisd.ca/climate/cop11/japanese/enb12291j.pdf
ページトップへ