一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 自生地

作成日 | 2003.09.10  更新日 | 2009.10.14

自生地

ジセイチ   【英】habitat  

解説

野生生物が自然の状態で生息・生育している場所。移入種の生息・生育地は含まない。

生息・生育が特殊な環境に限定された種の場合、自生地が縮小→分断→孤立→消滅と進行することによって、地域個体群、さらには種の存続自体が危険となる。

こうした種では、自生地(生息・生育地)を、種の保存法(1992)に基づく「生息地等保護区」に指定する場合がある。南アルプス・北岳山頂部南東斜面の「北岳キタダケソウ生育地保護区」、沖縄県島尻郡中里村及び具志川村の「宇江城岳キクザトサワヘビ生息地保護区」などがこれにあたる。

また、自生地自体が天然記念物に指定されている例として、さいたま市の「田島ヶ原サクラソウ自生地」(特別天然記念物)や奈良県都祁村の「吐山スズラン群落」(天然記念物)などがある。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト