一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 自然観

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.14

自然観

シゼンカン   【英】View of Nature  

解説

人間の自然に対する位置づけ、評価の方法。自然観は、永遠不変なものではなく、時代や場所、自然条件、社会制度、文化など様々な要素によって歴史的に変化するものである。

例えば、自然条件の厳しい不毛な地域では自然は過酷なものと認識され、自然に対して恐怖と支配したいという感情に駆り立てられた。一方で、自然の豊かな地域では、自然は恵みであり、感謝の念を抱く存在であり、自然に対する情愛とともに自然との共生という感情が育まれた。現在の支配的な自然観は、人間中心的な自然観(人間中心主義)であり、自然は人間の欲望を満たすための存在であるとみなされる。人類が環境問題を引き起こした根本原因はこの人間中心的な自然観であるとの反省から、最近では生態学的理解を背景とした生命中心的な自然観(生命中心主義)も唱えられている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト