一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 森林浴

作成日 | 2003.09.10  更新日 | 2019.06.29

森林浴

シンリンヨク   【英】Forest Therapy  

解説

森林のすがすがしさや、新鮮な空気、静けさなどを求めて森林を散策等して、心身のリフレッシュや健康の維持を図ること。森林浴の効果は、森林の音の伝達を遮断し静寂さを保つ働き、蒸散作用等によって気温を低く保つ働き、緑の色が目の疲れを癒す働き、森林の樹木が放出するテルペン類を主体とした揮発性成分が気分を快適にさせる働きなどが複合したものである。森林浴とともに近年普及した言葉にフィトンチッドがある。これはフィトン(植物)とチッド(殺す)の合成語で、植物が生産・放出するテンペル、アルカロイド、脂肪酸、などの物質を指し、森林欲に効果をもたらすといわれているが、森林内で多いのはテンペル類である。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト