一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 水素化社会

作成日 | 2008.04.30  更新日 | 2009.10.14

水素化社会

スイソカシャカイ   【英】Hydrogen Society  [同義]水素社会  水素エネルギー社会 

解説

水素化社会(もしくは水素社会)とは、水素を主要なエネルギー源に転換し、使用する社会のこと。

水素(化)社会の実現には、燃料電池・水素利用技術の開発と実用化、経済性の向上、および関連インフラの整備などが必要である。水素は、使用・消費段階ではゼロエミッションのエネルギー源であり、地球温暖化問題や大気汚染問題の解決に資するものである。また、水素は、化石燃料・水・バイオマスなど様々な物質から製造が可能なため、エネルギー源の多様化や分散型エネルギーシステムの構築も可能とするとされる。ただし、水素の製造過程にはエネルギーが必要で、二酸化炭素をまったく排出しない水素社会の実現のためには、再生可能エネルギーなどからの水素の製造が必須となる。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト