EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
生息域外保全  
次の記事へ
 件数:223件
 索引:「セ」
 9-18件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.03.22

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 近年、持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定の採択を受け、脱炭素社会や循環型社会の構築、生物多様性の確保といった環境問題の様々な分野において、自ら積極的な取組を進める企業が増えています。環境対策は企業経営の足を引っ張るものではなく、むしろ環境という要素を取り込まなければ企業経営が成り立たない、という考えが世界の潮流となっています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.10 更新日 | 2009.10.14
生息域外保全
セイソクイキガイホゼン   【英】Ex-Situ Conservation   [同義] 域外保全  生息域の域外保全 
 解説 |
本来の生息地では存続できない生物の種、あるいは個体群(遺伝的なグループ)など生物多様性の構成要素を、動物園・植物園など自然の生息地の外において人工増殖を図り、本来の生息地を再生した上で野生回復を図ろうとする方法(保護増殖事業)。
本来の生息地の中での保全を図る「生息域内保全」を優先するが、その補完的措置として取られる手段で、生物の種、あるいは個体群を保全する際の代償的手段ともいえる(生物多様性条約第9条)。
野生回復には生息地の復元が必須条件となるが、そのためには長期的かつ多方面にわたる検討と計画が求められる。このような野生回復は生態系の回復の象徴としてとりあげられることが多い。佐渡のトキを野生に戻そうとする活動などはこの典型的な例である。
人工増殖のために、遺伝子情報としてDNA情報のみの保存、あるいは受精卵の冷凍保存などの手段(遺伝子銀行ジーンバンク)がとられることもある。
 この解説に含まれる環境用語 |
  保護増殖事業
  生物多様性条約
  生物多様性
  生態系
  生息域内保全
  個体群
  遺伝子銀行
  遺伝子
  トキ
  ジーンバンク
  DNA
 この環境用語のカテゴリー |
  自然環境野生生物
  地球環境生物多様性

 関連Webサイト |
  環境白書
http://www.env.go.jp/policy/hakusyo/honbun.php3?kid=208&bflg=1&serial=10012
  生物多様性条約(外務省)
http://www.env.go.jp/press/file_view.php3?serial=3380&hou_id=3231
ページトップへ