一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 大気汚染物質

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.14

大気汚染物質

タイキオセンブッシツ   【英】Air Pollutant  

解説

地球を取巻いている大気は窒素と酸素を主成分にしてこれに数多くのガス状、粒子状等の微量成分が含まれている。大気汚染物質とは、この微量成分のなかで、人、動植物、生活環境にとって好ましくない影響を与えるものといえる。

大気中での化学変化の有無による一次汚染物質・二次汚染物質、発生形態による人為汚染物質・自然由来物質、物理的性状による粒子状物質・ガス状物質、行政的対応の有無による規制物質・未規制物質など、さまざまな観点から分類がなされている。

具体的な大気汚染物質には、環境基準が定められている二酸化いおう、二酸化窒素浮遊粒子状物質光化学オキシダントトリクロロエチレン等がある。この他、大気汚染防止法(1968)により固定発生源からの排出が規制されている硫黄酸化物窒素酸化物ばいじんカドミウム、塩素、、塩化水素、フッ化水素等の「ばい煙」、鉱物等の堆積場から飛散する「一般粉じん」、「特定粉じん」であるアスベスト、「特定物質」として定められているベンゼンなど、また、移動発生源からの排出が規制されている一酸化炭素、炭化水素、粒子状物質なども該当する。

悪臭大気汚染の1形態と考えることもでき、その原因物質もまた大気汚染物質と位置付けることもできる。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト