一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 畜産排水

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.14

畜産排水

チクサンハイスイ   【英】Stock Farming Drainage  

解説

畜産排水は、未処理のまま放置すると、悪臭やハエの発生原因になるだけでなく、ふん尿が分解して出来た硝酸性窒素やアンモニウム化合物、増殖した細菌などが浸透して河川地下水が汚染され、人の健康や環境に被害を及ぼす。

しかし、畜産業の奨励によって形成された畜産密集地域では、畜産排水が無処理のまま河川に放流され、あるいは汚濁排水が直接河川に流入して水質悪化を招くなど、水系の高栄養化が進み、それによって流域・沿岸の生態系が破壊されつつある。

環境問題の深刻化にともなって、1999年には[家畜排泄物の管理の適正化と利用の促進に関する法律]が制定され、以後、畜産系高負荷排水の水系への流入阻止、畜産排水の好気性処理システムの導入、土壌菌群の利用による醗酵促進(堆肥化)など対策が進んでいる。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト