EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
次の記事へ
 件数:339件
 索引:「カ」
 330-339件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.10.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 我が国は、有害廃棄物等の越境移動について、平成4年のバーゼル条約発効を受け、同年に国内担保法である特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(バーゼル法)を制定し、不適正な輸出入を防止するための手続を整備するなど、その管理の基本的枠組みを整備しました。法制定から約25年が経過し、循環資源の国際的な取引が増大してきたことにより、様々な課題等が顕在化してきたことから、バーゼル法を改正し、課題に対して制度的な措置を講じます。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.14
環境ホルモン
カンキョウホルモン   【英】Endocrine Disruptor   [同義] 内分泌攪乱化学物質  外因性内分泌攪乱化学物質 
 解説 |
正式には外因性内分泌攪乱化学物質という。内分泌攪乱物質などと省略することも多い。環境中にある物質が体内に取り込まれ、ホルモン作用を乱す(攪乱する)という意味で、環境ホルモンと通称される。
 シーア・コルボーン他著による「奪われし未来」やデボラ・キャリバリー著による「メス化する自然」により内分泌攪乱化学物質が世界的な関心を集めた。
 研究者や機関によって定義が確定していないが、「環境ホルモン戦略計画SPEED’98」(2000年11月改定)では「動物の生体内に取り込まれた場合に、本来、その生体内で営まれている正常ホルモンの作用に影響を与える外因性の物質」とし、疑われる化学物質として65物質をあげている。なお、2005年3月には新たな対応方針として「ExTEND2005」を公表している。
 この解説に含まれる環境用語 |
  内分泌攪乱化学物質
  奪われし未来
  環境ホルモン戦略計画
  外因性内分泌攪乱化学物質
 この環境用語のカテゴリー |
  健康・化学物質健康・化学物質

 関連Webサイト |
  「内分泌攪乱化学物質(いわゆる環境ホルモン)問題」(環境省 環境保健部)
http://www.env.go.jp/chemi/end/
  「内分泌攪乱化学物質問題への環境庁の対応方針について 〜環境ホルモン戦略計画SPEED’98〜」(環境省環境保健部)
http://www.env.go.jp/chemi/end/endindex.html
  H教授の環境行政時評(第16講)「環境ホルモンの今」
http://www.eic.or.jp/library/prof_h/h040506_3.html
  化学物質の内分泌かく乱作用に関する環境省の今後の対応方針について  - ExTEND 2005-[環境省 2005年3月]
http://www.env.go.jp/chemi/end/extend2005/
ページトップへ