一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 南極大陸

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.14

南極大陸

ナンキョクタイリク   【英】Antarctic Continent / Antarctica  

解説

南極に位置する大陸。面積は約1,390万平方kmで、日本の国土の約37倍。

その95%以上が平均厚さ2,450mの氷床(ice sheet)に覆われており、その体積は大陸周辺の棚氷を合わせて3,000万立方kmを超える(これは地球上の真水の約7割)。

氷床には、形成当時の降雪時の空気が気泡として閉じ込められており、掘削採取したアイスコアを解析することで、過去の大気組成を解読し、その経年変化と気候変動との関連性などの研究も進められている。

経度線の0-180度を境界として、南極大陸の東半球側を「東南極」、西半球側を「西南極」、と呼ぶ。現在イギリス、ノルーウエー、オーストラリア、フランス、ニュージーランド、チリ、アルゼンチンの7ケ国(=クレイマント)によって領土権が主張されているが、南極条約(1961発効)によって領土権主張は凍結されている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト