一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 二酸化炭素

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.14

二酸化炭素

ニサンカタンソ   【英】Carbon Dioxide  [略]CO2  [同義]炭酸ガス 

解説

常温常圧では無色、無臭の気体で、水に溶けて炭酸となり弱い酸性を示す。石炭、石油、天然ガス、木材など炭素分を含む燃料を燃やすことにより発生する。

地球大気中での濃度は微量であるが、温室効果を持ち、地球の平均気温を15℃前後に保つのに寄与してきた。

大気中濃度は、産業革命以前280ppm程度であったが、産業革命以降、化石燃料の燃焼、吸収源である森林の減少などによって、年々増加し、今日では370ppm程度にまで上昇した。なおも増加しており、地球温暖化の最大の原因物質として問題になっている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト