EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
二酸化窒素   
次の記事へ
 件数:64件
 索引:「ニ」
 8-17件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

EVI推進協議会 EVI推進協議会 コラム連載中!

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2016.09.20

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 国立環境研究所では、2011年3月11日の東日本大震災以降、国や地方自治体、大学や関係機関と連携して様々な被災地支援の研究活動を行ってきました。その取り組みは、長年培ってきた環境研究の知識と経験をもとにした「災害環境研究」という新たな分野として位置づけられ進めてきました。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.14
二酸化窒素
ニサンカチッソ   【英】Nitrogen Dioxide   [略]NO2  
 解説 |
窒素の酸化物で赤褐色の気体。分子量46.01、融点-9.3℃、沸点21.3℃。代表的な『大気汚染物質』である。
発生源はボイラーなどの『固定発生源』や自動車などの『移動発生源』のような燃焼過程、硝酸製造等の工程などがある。
燃焼過程からはほとんどが一酸化窒素として排出され、大気中で二酸化窒素に酸化される。
また、生物活動に由来する自然発生がある。地球規模では二酸化窒素のほとんどが生物活動から発生している。
人の健康影響については、二酸化窒素濃度とせき・たんの有症率との関連や、高濃度では急性呼吸器疾罹患率の増加などが知られている。このため二酸化窒素環境基準は「1日平均値が0.04〜0.06ppmの範囲内またはそれ以下であること、またゾーン内にある地域については原則として現状程度の水準を維持しまたはこれを大きく上回らないこと」としている。
汚染状況について、年平均値は長期的にはほぼ横ばいの状況が続いている。平成13年度の環境基準達成率は『一般環境大気測定局』で99.0%とほぼ達成されているが、『自動車排出ガス測定局』で79.4%と特に大都市などの自動車排出ガス測定局においては、厳しい状況が続いている。二酸化窒素そのものが大気汚染物質であるが、『光化学オキシダント』の原因物質でもある。
 この解説に含まれる環境用語 |
  窒素
  大気汚染物質
  自動車排出ガス測定局
  光化学オキシダント
  固定発生源
  環境基準
  一般環境大気測定局
  移動発生源
 この環境用語のカテゴリー |
  地球環境酸性雨
  公害問題大気

 関連Webサイト |
  二酸化窒素の簡易測定
http://www.city.kurashiki.okayama.jp/kanshi/cenmenu/index93.html
  横浜市環境創造局環境監視センター:二酸化窒素(NO2)
http://www.city.yokohama.jp/me/kankyou/mamoru/kenkyu/kanshi/worda/no2.html
ページトップへ