EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
粉じん    
次の記事へ
 件数:138件
 索引:「フ」
 87-96件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2017.05.16

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 国際社会は、2015年に、持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)を含む「持続可能な開発のための2030アジェンダ」と2020年以降の気候変動対策の国際枠組みである「パリ協定」という2つの歴史的な国際枠組みを採択しました。SDGsは、気候変動対策(目標13)など我々が望み、また将来世代に繋げていくための「持続可能な社会」の理想像とそれを実現するための17の目標、それに付随する169のターゲットと230の指標という広範な施策を示しています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

あなたのエコライフをナビゲート

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2015.01.22
粉じん
フンジン   【英】Particulates  
 解説 |
 一般的には、大気環境中に浮遊する微細な粒子状の物質の総称として呼ばれる。ダストともいう。
 大気環境中の粉じんには粒径、成分のさまざまなものがあり、降下ばいじんは10μm程度かあるいはそれ以上で比較的粒子が大きく、人の肺機能に影響すると考えられている。10μm以下の浮遊粉じんは『浮遊粒子状物質(SPM)』と呼ばれる。さらに近年では2.5μm以下のものをPM2.5として規制されるようになった。
 大気汚染防止法第2条第4項では、粉じんは、「物の破砕、選別その他の機械的処理又はたい積に伴い発生し、又は飛散する物質」と定義されている。平成元年に「特定粉じん」と「一般粉じん」に区分され(大気汚染防止法第2条第5項)、特定粉じんとしては、石綿アスベスト)が指定されている。特定粉じんに対しては、工場又は事業場の敷地の境界線における大気中の濃度の許容限度が定められ、規制されている。一般粉じん特定粉じんを除く粉じんで、構造・使用・管理基準がある。
 また、労働安全衛生法(1972)は作業環境における健康被害を防止する目的で粉じんの規制を行っている。(2014年8月改訂)
 この解説に含まれる環境用語 |
  浮遊粒子状物質
  特定粉じん
  大気汚染防止法
  石綿
  降下ばいじん
  一般粉じん
  アスベスト
 この環境用語のカテゴリー |
  公害問題大気

 関連Webサイト |
ページトップへ