EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
保護増殖事業  
次の記事へ
 件数:78件
 索引:「ホ」
 24-33件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.10 更新日 | 2014.02.25
保護増殖事業
ホゴゾウショクジギョウ   【英】Programmes for Rehabilitation of Natural Habitats and Maintenance of Viable Populations  
 解説 |
 一般に、野生動植物の生息・生育環境を整備したり、人工的に繁殖させるなどして個体数を増やす事業を言うが、野生生物行政では、「種の保存法」(1992)に基づいて策定される保護増殖事業計画により、実施される事業。

 絶滅のおそれのある野生動植物の種の保全を図るためには、捕獲、譲渡等の規制や生息地等の保護だけではなく、減少した個体数を回復させ、また生息環境等を維持・回復させるための取り組みが必要である。種の保存法では、特にこうした措置が必要な「国内希少野生動植物種」を対象として、餌条件の改善、繁殖場所の整備、飼育・栽培下の増殖、生息環境等の整備など、保護増殖のための事業を「保護増殖事業」として位置付け、積極的に推進していくこととしている。2002年現在、トキツシマヤマネコなど21種の国内希少野生動植物種について保護増殖事業計画が策定され、これに基づく事業が実施されている。(2014年2月改訂)
 この解説に含まれる環境用語 |
  種の保存法
  国内希少野生動植物種
  トキ
  ツシマヤマネコ
 この環境用語のカテゴリー |
  自然環境野生生物

 関連Webサイト |
  種の保存法保護増殖事業(総務省法令データ提供システム)
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H04/H04HO075.html
  農林水産省
http://www.maff.go.jp/kankyo/hozen/hogo1.htm
  保護増殖計画一覧表(環境省自然環境局)
http://www.env.go.jp/nature/yasei/hozonho/list_project.pdf
ページトップへ