EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
木質ペレット  
次の記事へ
 件数:29件
 索引:「モ」
 8-17件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.14
木質ペレット
モクシツペレット   【英】Wood Pellet  
 解説 |
バイオマスエネルギーのひとつ。おがくずや木くず、製材廃材などの破砕物に圧力を加えて直径6?8mm程度の円筒状に成形固化して取り扱いや輸送性を高めた固形燃料のこと。
専用の「ペレットストーブ]の燃料として、暖房や給湯などに利用する。「ペレット」は、かたまり・小粒を意味する。
木材を原料とするため大気中の二酸化炭素光合成によって固定されたエネルギーで、燃焼させても地球上の二酸化炭素は実質的に増減しない(カーボンニュートラル)とみなせることから、広くは地球温暖化防止に有効である。
また地域の森林資源を地域で循環利用する「地産地消」の取り組みや木質ペレットの利用による新しい産業の創出にもつながると期待される。しかし、原材料調達などのコストに関して問題が残されている。
 この解説に含まれる環境用語 |
  木くず
  二酸化炭素
  地産地消
  地球温暖化
  光合成
  ペレット
  カーボンニュートラル
 この環境用語のカテゴリー |
  自然環境森林・林業
  地球環境地球温暖化

 関連Webサイト |
ページトップへ