一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 有機リン系殺虫剤

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.14

有機リン系殺虫剤

ユウキリンケイサッチュウザイ   【英】Organophosphorus Pesticide  

解説

リン酸、ホスホン酸、ホスフィン酸のエステルまたはアミド構造をもつ農薬(殺虫剤)の化合物群。パラチオン、DEP、ダイアジノンなどの殺虫剤がこれにあたる。

有機リン殺虫剤の作用機序はコリンエステラーゼ阻害作用である。パラチオンメチルパラチオンなどは害虫に対して優れた殺虫効果を示すが、一方で人に対する急性毒性も強いことから中毒事故を引き起こした。

このため、今日では、パラチオン、メチルパラチオなどの急性毒性の強い殺虫剤は大部分使用が禁止されている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト