一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 BAT

作成日 | 2013.08.22  更新日 | 2013.09.03

BAT

ビーエーティー   【英】Best Available Technology  [同義]利用可能な最良の技術 

解説

BAT(利用可能な最良の技術)は、汚染物質の環境への排出を最大限抑制する、現実的に利用可能な最新のプロセス、施設、装置を意味する。BATでは一般的に費用、エネルギー、環境要素が考慮されるが、費用・便益分析を求められることはない。

法律用語としてBATが最初に使われたのは、米国の水質浄化法(Clean Water Act, 1972年)である。また、類似の用語としては、米国の大気浄化法(Clean Air Act, 1970年)のBACT(Best Available Control Technology)やEUのIPPC指令(1996年)のBAT(Best Available Technique)がある。さらに、POP条約(2001年)では、技術だけでなく慣行(規制対策や戦略を意味する)も含めた用語としてBAT/BET(Best Available Technique and Best Environmental Practice)が使われている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト