一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 流域委員会

作成日 | 2008.04.30  更新日 | 2009.10.15

流域委員会

リュウイキイインカイ  

解説

河川に基づく河川整備計画の検討を目的に、流域住民や関係団体等が参加する協議の場。

1997年の河川改正に伴い、これまでの「治水」「利水」に加えて新たに「環境」が法律の目的に加わっている。この理念を達成するため、河川水系ごとに「20-30年先の川」のありようを描く「河川整備計画」をつくることが義務づけられた。この河川整備計画の立案に当たっては、当該水系の特性や流域の風土・文化など河川を取り巻く環境を考慮し、流域住民・関係団体の意見などを取り入れ、また学識経験者の意見を聴く場を設置することが重視され、「流域委員会」が設立されることが多くなっている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト