一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 環境教育指導資料

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.15

環境教育指導資料

カンキョウキョウイクシドウシリョウ  

解説

学校における環境教育の意義と役割、学習指導要領における環境教育に関する内容の解説とともに、指導の実践例を掲載し、学校における環境教育の推進に資することを目的として作成された教師用指導資料。文部省(当時)著、大蔵省印刷局(当時)発行のものを指すのが一般的だが、同名の資料集を、都道府県等が作成、配布している例も見られる。

1989年の学習指導要領改訂時に、学校における環境教育が一部の教科等での実践にとどまるとの反省をもとに、環境教育の重要性を学校教育現場に広く周知し、より多くの教科、また学校全体での実践の促進が指摘された。これを受けて1991年に当時の文部省より発行されたのが『環境教育指導資料(中学校・高等学校編)』。この後、1992年に小学校編、1995年に事例編がそれぞれ発行された。

『環境教育指導資料』は日本における1990年代初頭の学校環境教育に対する一般的な見解であると位置づけられている。なお、2001年より新学習指導要領に対応した新訂版の編集作業がはじまった。2007年3月に、環境教育に関する国際的動向や今日的課題を踏まえて大幅な改訂が加えられた小学校編が国立教育政策研究所より発行されている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト