EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
市民緑地制度  
次の記事へ
 件数:442件
 索引:「シ」
 129-138件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.10 更新日 | 2009.10.14
市民緑地制度
シミンリョクチセイド   【英】Conservation System of Civic Green Spaces  
 解説 |
都市緑地法(1973)第55条に基づく制度で、1995年の法改正により創設された。土地の区域、必要な施設の整備、管理の方法、管理期間、契約に違反した場合の措置等を契約事項として定めることとされている。
都市計画法(1968)および関連法令の規制を受けるべき土地として指定される「都市計画区域」内の土地の所有者の申し出により、地方公共団体または緑地管理機構(都市緑地法第68条規定による)が土地所有者と契約を締結して、当該土地を一定期間、住民の利用に供する「緑地(市民緑地)」として設置・管理する。地域住民の自然とのふれあいの場や生物の生息・生育地となる身近な緑地を契約により確保することを目的としたもの。
国土交通省の取りまとめによると、2005年3月現在の契約締結状況は、全国109ヶ所、面積は74.41ha。
 この解説に含まれる環境用語 |
  緑地管理機構
  緑地
  都市緑地法
  都市計画法
  都市計画区域
 この環境用語のカテゴリー |
  自然環境都市の自然
  自然環境自然とのふれあい

 関連Webサイト |
  国土交通省・都市緑化データベース
http://www.mlit.go.jp/crd/park/joho/database/toshiryokuchi/index.html
  国土交通省・市民緑地制度
http://www.mlit.go.jp/crd/park/shisaku/ryokuchi/shiminn/
ページトップへ