EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
上市前最小安全... 
次の記事へ
 件数:134件
 索引:「ジ」
 107-116件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.03.22

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 近年、持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定の採択を受け、脱炭素社会や循環型社会の構築、生物多様性の確保といった環境問題の様々な分野において、自ら積極的な取組を進める企業が増えています。環境対策は企業経営の足を引っ張るものではなく、むしろ環境という要素を取り込まなければ企業経営が成り立たない、という考えが世界の潮流となっています。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.14
上市前最小安全性評価項目
ジョウシゼンサイショウアンゼンセイヒョウカコウモク   【英】Minimum Pre-Marketing Data Sets   [略]MPD  
 解説 |
新規化学物質を市場に出す前に必要とされる、分解性生物濃縮性、毒性など、化学物質の安全性を評価するためのデータ項目セットのこと。
人類は有用な合成化学物質を発見し、それを利用することにより現在の豊かな生活が可能とした。しかし一方で、DDTPCBなどの化学物質は環境に残留し、生物に蓄積することにより、人や生態系に影響を及ぼすことを身をもって経験した。こうした環境問題を未然に回避するには、新規化学物質を生産・使用する前に安全性を事前評価することが重要と考えられる。
現在、多くの先進国では新規化学物質の事前審査制度が設けられているが、そのために提出を求められるデータ項目は国によって異なる。日本では、化学物質審査規制法で新規化学物質の事前審査制度が定められており、物質の性状により求められるデータ項目は異なるが、最大で分解性生物濃縮性及び長期毒性の3項目である。
 この解説に含まれる環境用語 |
  分解性
  生物濃縮
  生態系
  化学物質審査規制法
  PCB
  DDT
 この環境用語のカテゴリー |
  健康・化学物質健康・化学物質

 関連Webサイト |
  「リスクに応じた化学物質の審査・規制制度の見直し等について(議論のたたき台)」(厚生科学審議会資料)
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2002/12/s1205-3b.html
ページトップへ