一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 浄水器

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.14

浄水器

ジョウスイキ   【英】Tap Water Purifier  

解説

カビ臭、カルキ臭トリハロメタンなどの除去を目的として、水道の蛇口に取り付けて用いる小型浄水装置。活性炭吸着タイプは、活性炭の量と質によって不純物の除去効率が異なる。活性炭吸着+中空糸膜ろ過タイプは、活性炭吸着のみより浄化性能が高いが、流水量が少なくなる。セラミックろ過タイプ(多くは活性炭吸着もプラスされている)は、中空糸膜より水の流量は多いが、その分浄化性能が劣る。

家庭用浄水器は定期的にフィルターを交換しないと逆効果になる。フィルターに使われている活性炭や中空糸、セラミックは長期間使用すると、不純物の吸着機能やろ過機能が低下し、トリハロメタン等吸着しにくいものは、吸着しやすい残留塩素と入れ替わり水中に溶出する。2-3日以上浄水器を使用しなかった場合、雑菌が繁殖するので2-3分間は十分に放水する。

2000年1月「家庭用品品質表示法施行令」に家庭用浄水器が追加され、2002年4月より施行。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト