一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 数量的排出制限及び削減目標

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.14

数量的排出制限及び削減目標

スウリョウテキハイシュツセイゲンオヨビサクゲンモクヒョウ   【英】Quantified Emission Limitation and Reduction Objectives  [略]QEUROs  

解説

京都議定書で定められた削減目標とその国別割当量のことをいう。

京都議定書では、附属書I締約国全体で、CO2、CH4、N2Oの3ガスについては基準年を1990年とし、HFC、PFC、SF6の3ガスについては基準年を1995年として、二酸化炭素換算での総排出量を少なくとも5%削減(附属書I国全体で5.2%削減、対策をとらなかった場合と比べて約30%の削減)すること及び各国は別途定められた割当量を超過しないことを(例えば日本は-6%、米国は-7%、EUは-8%)定めている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト