EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
戦略的環境アセ... 
次の記事へ
 件数:223件
 索引:「セ」
 186-195件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.07.27

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 環境基本計画は、環境基本法に基づき、政府全体の環境政策の方向性を定めるものです。環境基本計画は約6年ごとに見直しを行っており、この度、第五次計画を平成30年4月17日に閣議決定しました。本計画は、地球規模の環境の危機を反映した国際的合意である「持続可能な開発目標(SDGs)」と「パリ協定」採択後に初めて策定された環境基本計画であり、環境に関する課題のみでなく、経済・社会的課題も「同時解決」していくことを目指すものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2012.05.16
戦略的環境アセスメント
センリャクテキカンキョウアセスメント   【英】Strategic Environmental Assessment   [略]SEA   [同義] 戦略アセス 
 解説 |
 事業計画が固まった段階で行う現行の環境アセスメント(いわゆる事業アセス)より早期の、事業実施段階(Project段階)に至るまでの意思形成過程(戦略的な段階)の段階で行う環境アセスメントをいう。戦略的段階とは、一般的に「Policy(政策)>Plan(計画)>Program (プログラム)」の三つのPの段階を指すと説明されているが、抽象的な概念であり、具体的にはどの段階からが戦略的環境アセスメントと呼びうるか、厳密な定義は難しい。
 従前、計画アセスとよばれていたものより概念的には広く捉えられており、計画熟度が高まった事業の実施段階よりは環境配慮の柔軟な取り込みがしやすいと期待されている。持続可能な社会の実現に向け戦略的環境アセスメントへの取組みが、環境省が2007年に策定した「戦略的環境アセスメント導入ガイドライン」や地方自治体の条例などによって進められてきたが、2011年の改正アセス法において「配慮書手続」が定められ、事業の位置・規模等の検討段階を対象とする戦略的環境アセスメントが制度化されることとなった。また、より早期の段階での環境配慮に向け、事業の位置・規模等の検討段階よりも上位の計画及び政策の策定や実施に環境配慮を組み込むための戦略的環境アセスメント制度の検討が課題となっている。
 この解説に含まれる環境用語 |
  事業アセス
  計画アセス
  環境アセスメント
 この環境用語のカテゴリー |
  環境一般環境アセス

 関連Webサイト |
  環境影響評価情報支援ネットワーク(環境省)
http://www.env.go.jp/policy/assess/
  戦略的環境アセスメント導入ガイドラインについて(環境省報道資料)
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=8247
  戦略的環境アセスメント(SEA)導入ガイドラインのあらまし(パンフレット)
http://www.env.go.jp/policy/assess/2-1outline/sea_panph.html
  H教授の環境行政時評(第17講)「SEAの必要性・可能性 ―付:S湾アセス秘話」
http://www.eic.or.jp/library/prof_h/h040603_1.html
ページトップへ