一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 地球温暖化防止地域推進計画

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.14

地球温暖化防止地域推進計画

チキュウオンダンカボウシチイキスイシンケイカク   【英】Global Warming Countermeasure Area Promotion Plan  

解説

地球温暖化対策法に規定された各自治体の地球温暖化防止施策のマスタープラン。

例えば、兵庫県では、1996年3月に「兵庫県地球温暖化防止地域推進計画」を策定し、地域からの温暖化防止対策に取り組んできたが、地球温暖化防止京都会議(COP3)において、2000年以降の温室効果ガス排出量の削減目標等が定められたことから、県民・事業者・行政の具体的な行動プランを策定し、兵庫県地球温暖化防止地域推進計画」を見直し、自然・未利用エネルギーの活用等の促進方策を盛り込んだ、新たな地球温暖化防止推進計画の策定に今年度より着手している。

一方、アイドリング・ストップ運動の推進、低公害車や低NOx車導入促進のための助成・啓発事業も実施している。

神戸市が2000年3月にまとめた「地球温暖化防止地域推進計画」では、 貨物車交通量を8%削減、太陽発電を新築の1割に導入、太陽熱温水器を新築の4割に導入、暖房はいつも3度低く、冷房はいつも2度高く、テレビは1時間半短く、シャワーは5分短くなどの対策が盛り込まれている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト