EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
国立研究開発法... 
次の記事へ
 件数:285件
 索引:「コ」
 157-166件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.07.27

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 環境基本計画は、環境基本法に基づき、政府全体の環境政策の方向性を定めるものです。環境基本計画は約6年ごとに見直しを行っており、この度、第五次計画を平成30年4月17日に閣議決定しました。本計画は、地球規模の環境の危機を反映した国際的合意である「持続可能な開発目標(SDGs)」と「パリ協定」採択後に初めて策定された環境基本計画であり、環境に関する課題のみでなく、経済・社会的課題も「同時解決」していくことを目指すものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.14
国立研究開発法人国立環境研究所
コクリツカンキョウケンキュウショ   【英】Independent Administrative Institution of National Institute for Environmental Studies   [略]NIES   [同義] 環境研  国環研 
 解説 |
前身の国立公害研究所が1974年に発足。1990年に全面改組し、国立環境研究所と改称。2001年4月に独立行政法人化した。
21世紀の人類が直面する6つの重要な環境問題として、(1)地球温暖化、(2)オゾン層の変動、(3)環境ホルモンダイオキシン、(4)生物多様性、(5)流域圏の環境管理、(6)PM2.5・DEP等の大気中粒子状物質(都市の大気汚染)を重点特別研究プロジェクトと位置づけている。また、今すぐ解決が必要な2つの緊急な政策課題として、(i)廃棄物循環型社会、(ii)化学物質環境リスクをあげ、政策対応型調査・研究と位置づけている。このほか、個別分野の諸研究や環境情報の整備・提供などをおこなっている。
 この解説に含まれる環境用語 |
  廃棄物
  地球温暖化
  大気汚染
  生物多様性
  循環型社会
  公害
  環境研
  環境管理
  環境リスク
  環境ホルモン
  ダイオキシン
  オゾン層
  PM2.5
 この環境用語のカテゴリー |
  環境全般環境全般

 関連Webサイト |
  国立研究開発法人国立環境研究所
http://www.nies.go.jp/
  国立環境研究所友の会
http://tomonokai.eic.or.jp/
ページトップへ