一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 エコセメント

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.14

エコセメント

エコセメント   【英】Eco-Cement  

解説

都市ごみや下水汚泥焼却灰と、石灰石など従来のセメント原料を混ぜて作ったセメント。

ごみを資源として有効利用する有力な方法の一つとして、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の事業として、官民共同で研究開発が行われてきた。

地方自治体などの間でエコセメントを利用するための規格化が強く要望されていたことから、2002年にエコセメントのJIS(日本工業規格)が制定された。

エコセメントは、1300℃以上という高温で焼成されるため、焼却灰に含まれるダイオキシンなどの有害物質は、分解されて無害になる。などの有害金属は塩化物として回収されるため環境汚染を引き起こすことはないとされる。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト