EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
廃食油エステル... 
次の記事へ
 件数:164件
 索引:「ハ」
 32-41件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.07.27

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 環境基本計画は、環境基本法に基づき、政府全体の環境政策の方向性を定めるものです。環境基本計画は約6年ごとに見直しを行っており、この度、第五次計画を平成30年4月17日に閣議決定しました。本計画は、地球規模の環境の危機を反映した国際的合意である「持続可能な開発目標(SDGs)」と「パリ協定」採択後に初めて策定された環境基本計画であり、環境に関する課題のみでなく、経済・社会的課題も「同時解決」していくことを目指すものです。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.14
廃食油エステル化燃料
ハイショクユエステルカネンリョウ   【英】Etherified Waste Food Oil Fuel   [略]BDF   [同義] バイオディーゼルフュエル  バイオディーゼル燃料 
 解説 |
植物性廃食用油の資源化技術のひとつ。不純物除去の前処理をした廃食用油に、10?20%のメタノールと苛性ソーダ(触媒)を加えて混合撹拌し、加熱した後、しばらく静置して脂肪酸のエステル交換反応を促進させる。生成物を分離して、粘性や引火点の低いメチルエステルを得、軽油代替燃料として使う。
反応が簡単で大規模なプラントを必要としないこと、業者や市民による地域の廃食用油回収運動と結びついていることに特徴がある。
生成した再生油は、硫黄酸化物をほとんど含まず、黒煙を1/2?1/3に減少させるため、DPF(粉塵除去装置)の装着の必要がなく、ディーゼルエンジン搭載車両用のクリーン燃料として注目されている。燃費や走行性は軽油とほとんど替らず、混用も可能である。
年間に発生する廃食用油は45?55万トン、食品・外食産業と家庭との発生割合はほぼ半々と見られているが、給食施設、小事業所、家庭の廃食用油は、ほとんどが未回収のまま放流されている。
 この解説に含まれる環境用語 |
  硫黄酸化物
  廃食用油
 この環境用語のカテゴリー |
  地球環境地球温暖化
  公害問題水質汚濁
  ごみ・リサイクルごみ・リサイクル

 関連Webサイト |
  バイオディーゼンル燃料化事業(京都市環境局循環型社会推進課)
http://www.city.kyoto.jp/kankyo/recycle/shimin/07usedcookingoil/biodiesel/biodiesel.html
  廃食用油のバイオ・ディーゼル燃料化装置の供用開始について(岡山県)
http://www.pref.okayama.jp/seikatsu/kankanri/suishitsu/biodiesel.htm
  バイオディーゼル燃料(ジャーニー・トゥ・フォーエバー)
http://journeytoforever.org/jp/biodiesel.html
  ヘンプで車が走る?(HEMP CAR PROJECT)
http://www.hemp.jp/hempcar/run/hc_run.html
ページトップへ