一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 ピークカット

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.14

ピークカット

ピークカット   【英】Peak Cut  

解説

電力ピーク時間帯の熱源動力負荷をカットすること。

ピーク時はおおむね昼から午後にかけてであり、ピーク需要を減らすことは、二酸化炭素排出量の多い石油火力発電所の電力を減らすことにつながり、地球温暖化対策という観点から重要な取り組みといえる。

電力負荷率(電力平均出力を最大出力で割ったもの)も悪化の傾向にあり、発電設備稼働率は年々低下してきている。これらを緩和する手段として電力ピーク時間帯に太陽光発電を用いることによるピークカット効果などが注目されている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト