EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
ブルーエンジェル 
次の記事へ
 件数:33件
 索引:「ブ」
 15-24件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2010.07.15
ブルーエンジェル
ブルーエンジェル   【英】The Blue Angel / Der Blauer Engel(独)  
 解説 |
ドイツ国内で、環境に配慮した製品に付される、いわゆるエコラベル
環境意識の高い消費者にこのラベルが付された製品を購入するようアピールし、ひいては製造者を環境に配慮した生産行動へ誘導することを目的とする。
1978年の開始と、各国のエコラベルの中で最も長い歴史を有し、日本のエコマーク等のモデルとされた。法令上の根拠はない。
手続としては、まず、環境大臣の任命するエコラベル委員会が、特定の製品グループのためのエコラベル付与基準・審査基準を制定する。ドイツ品質標示協会は、これに基づき、製造者等によるエコラベル付与申請を審査する。
2010年6月現在、90分類で、11,500の認定商品にラベルが付与されている。
 この解説に含まれる環境用語 |
  エコマーク
  エコラベル
 この環境用語のカテゴリー |
  環境一般環境経済

 関連Webサイト |
  The Blue Angel
http://www.blauer-engel.de/
  環境ラベル等データベース(環境省)
http://www.env.go.jp/policy/hozen/green/ecolabel/world/germany.html
ページトップへ