EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
膜分離    
次の記事へ
 件数:32件
 索引:「マ」
 3-12件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.14
膜分離
マクブンリ   【英】Membrane Separation  
 解説 |
濾材に微少な孔(ポア)を有する膜を使用することにより、微生物等の懸濁性物質から溶解性物質までを除去する方法が膜分離法である。
膜にはポアサイズにより、精密ろ過膜、限外ろ過膜、逆浸透膜などがあり、素材も酢酸セルロース、ポリスルホン、ポリイミドなど様々なものが開発されている。膜を装置化したものが膜モジュールであり、現在平膜型、管型、中空型(ホローファイバー型)がある。
精密ろ過は、懸濁性物質や微生物の除去に、限外ろ過は分子の大きさの違いを利用して水溶性の高分子物質を除去するものなどに用いられるが、その中間のポアサイズのものが開発されてきている。
排水処理においては、活性汚泥法の中に分離膜を設置して、減圧ろ過あるいは加圧ろ過する処理方法が注目されている。膜分離法の欠点は、長期間の使用により膜表面が目詰まりしたり、微生物汚染されることであり、その防止として薬品洗浄や逆洗浄等が行われる。
 この解説に含まれる環境用語 |
  微生物
  限外ろ過
  逆浸透
  活性汚泥
 この環境用語のカテゴリー |
  公害問題水質汚濁

 関連Webサイト |
ページトップへ