EICネットロゴ
一覧に戻る
前後の記事
前の記事へ
マルポール73/78...
次の記事へ
 件数:32件
 索引:「マ」
 16-25件 を表示
EICネットは一般財団法人環境イノベーション情報機構が運用しています。
グローバルメニュー
  • 国内環境ニュース
  • 海外環境ニュース
  • イベント情報
  • 環境Q&A
  • 機関情報
  • 環境用語集
  • ライブラリ
  • 森づくり

【PR】

あなたのエコライフをナビゲート

Arch Joint Vision

環境用語検索

約3000語を収録した環境用語集から検索

ワンポイントエコライフ

EICピックアップ

Issued: 2018.06.28

ピックアップ記事のサマリーイメージ

 2018年5月31日、中国環境白書(「2017年中国生態環境状況公報」)が発表された。今回から「生態環境状況公報」と名前を変え、新たに「生態」の2文字が加わった(これまでは「環境状況公報」)。第13次5ヵ年計画期間(2016-20年)に入ってから、5カ年計画をはじめとしてこれまでの「環境」から「生態環境」へと名を変えるものが相次ぎ、2018年3月に開催された全国人民代表大会(日本の国会に相当)では政府の機構改革が審議され、これまでの環境保護部(「部」は日本の「省」に相当)を再編拡充して4月に新たに生態環境部が誕生した。...

EICピックアップへ

  RSSについて

作成日 | 2003.09.12 更新日 | 2009.10.14
マルポール73/78条約
マルポールナナジュウサンナナジュウハチジョウヤク   【英】International Convention for the Prevention of Pollution from Ships, 1973, as modified by the Prot   [略]MARPOL73/78   [同義] 1973年の船舶による汚染の防止のための国際条約に関する1978年の議定書  マルポール条約 
 解説 |
船舶の運航やその事故による海洋の汚染を防止するための条約で、正式には「1973年の船舶による汚染の防止のための国際条約に関する1978年の議定書」と呼ばれる。単に「マルポール条約」と呼称されることもある。
1978年2月に採択され1983年から国際的に発効。日本は1983年6月に加入した。
1973年に国際海事機関(IMO)で採択された「船舶による汚染防止のための国際条約(マルポール条約)」は、オイル、化学物質、梱包された有害物質、汚水や廃棄物などによる汚染を念頭に置いたものであったが、技術上の問題点等があり未発効のままであった。その間にもタンカーの事故による海域の汚染などが生じたことから、1978年のIMOのタンカーの安全と汚染防止に係る会議において、1973年の条約に統合する形で本条約が採択された。
油類、バラ積み有害液体物質、梱包されて輸送される有害物質、汚水及び廃物の全てが規制対象となっている。
 この解説に含まれる環境用語 |
  有害物質
  廃棄物
  国際海事機関
  マルポール条約
  1973年の船舶による汚染の防止のための国際条約に関する1978年の議定書
 この環境用語のカテゴリー |
  地球環境海洋環境

 関連Webサイト |
  MARPOL 73/78(IMO)
http://www.imo.org/Conventions/contents.asp?doc_id=678&topic_id=258
  船舶安全法及び海洋汚染及び海上災害の防止に関する法律の一部を改正する法律案の閣議決定について(環境省報道発表 平成9年2月17日)
http://www.env.go.jp/press/press.php3?serial=305
ページトップへ