一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 慢性気管支炎

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2015.01.22

慢性気管支炎

マンセイキカンシエン   【英】Chronic Bronchitis  

解説

特別な病巣のない状態で慢性、または持続性のせきを伴う痰が少なくとも3カ月間ほとんど毎日、2年以上続く気管支の病気。

加齢、体質、既往病などにより気道粘膜の防御機構が低下する内的要因と、喫煙、大気汚染粉じんの吸入などの外的要因とが絡み合い発症する。特に高齢者の男性に多い。

冬季を中心に発症するが、症状が進行すると、1年中痰を伴うせきがでる。細菌に感染して粘膜がただれると血痰が出ることがあり、さらに症状が進行すると滞留する痰のために息切れしやすくなる。公害健康被害補償法(1973)で大気系の公害病の認定要件の一つとされている。(2014年8月改訂)

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト