一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 四大公害病

作成日 | 2003.09.12  更新日 | 2009.10.14

四大公害病

ヨンダイコウガイビョウ   【英】Four Major Pollution Related Disease  

解説

熊本県の水俣湾で発生したメチル水銀汚染による「水俣病」、同じくメチル水銀汚染による新潟県の阿賀野川流域での「新潟水俣病」、三重県四日市市で発生した主に硫黄酸化物による大気汚染が原因の「四日市ぜん息」、富山県神通川流域で発生したカドミウム汚染による「イタイイタイ病」を指す。

いずれも、1960年代の高度経済成長期に、住民の健康を害する深刻な被害が発生し、原因の究明に困難を極め、公害対策の法体系が未整備な状況での発生源対策、被害患者の救済、訴訟というような共通の経過をたどっている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト