一般財団法人環境イノベーション情報機構

環境用語 クリーンな環境のための北九州イニシアティブ

作成日 | 2009.10.14  更新日 | 2015.01.23

クリーンな環境のための北九州イニシアティブ

クリーンナカンキョウノタメノキタキュウシュウイニシアチブ  

解説

北九州市の公害克服・都市間協力の経験を参考にして作成された、「都市間協力により地域主導の環境改善を進めるための仕組み」のこと。目的は、アジア太平洋地域において、都市環境の改善を着実に前進させることである。2000年に開催された第4回ESCAP「環境と開発に関する閣僚会議」にて採択された。2004年8月現在、アジア太平洋地域18カ国60都市が参加している。

主な活動は、都市ネットワークの拡充、地方の環境管理能力の向上、都市環境改善のためのノウハウの蓄積とその移転、国や援助機関の効果的な支援の促進、市民啓発、環境教育の推進である。例えば、北九州市とフィリピン・セブ市との協力も北九州イニシアティブの下で行われている。

この解説に含まれる環境用語

この環境用語のカテゴリー

関連Webサイト